日本における昔からの作法・慣習に関する説明です。普段何気なく生活していて、必要になってくる作法や風習。こういうときはどのようにするんだろう? という人には聞けないマナーなどを紹介します。
 もちろん、その地方地域ごとにいろいろな作法・風習があり、ここではすべてを紹介できませんが、一般的なものを紹介いたします。


<神社参拝の方法>

<おみくじ>

<六曜>

     六曜とは、古来中国陰陽道の小六壬なる選日が日本に伝わり、変化したものです。
    旧暦の朔(さく)によって配り方が変わります。
   

先勝 せんかち 諸事急ぐのが良し。午後は良くない。
友引 ともびき 朝夕良し。正午悪く、葬式を忌む。祝い事よし。
先負 せんまけ 諸事静かなることに良し、午後は大吉。
仏滅 ぶつめつ 万事凶、口舌を慎むべし。患えば長引くおそれあり
大安 たいあん 移転開店など万事に良し。大吉日。
赤口 しゃっこう 諸事油断するべからず、用いるは凶。正午は吉。

<神棚の祭り方>

  1. 神棚は明るく清らかな高いところで、南向きか東向きが良いでしょう。
  2. お神札が横に並ばない場合は手前より神宮大麻、氏神さま、崇敬神の御神札と重ねておまつりください。
  3. 神棚には毎朝、米、塩、水などをお供えして拝礼します。御神酒、季節の初物、お土産などは、その都度お供えし、感謝をこめて後ほど頂戴します。
  4. 一年間お守りいただいた古いお神札は感謝を込めて氏神さまに納め、新しいお神札を受けましょう。
  5. 拝礼の作法は、2拝・2拍手・1拝です。

<祈祷の受け方>

<厄年について>

平成24年の厄年一覧

男性 前厄 本厄 後厄
25歳 昭和64年/平成元年生まれ 昭和63年生まれ 昭和62年生まれ
42歳 昭和47年生まれ 昭和46年生まれ 昭和45年生まれ
61歳 昭和28年生まれ 昭和27年生まれ 昭和26年生まれ
女性 前厄 本厄 後厄
19歳 平成7年生まれ 平成6年生まれ 平成5年生まれ
33歳 昭和56年生まれ 昭和55年生まれ 昭和54年生まれ
37歳 昭和52年生まれ 昭和51年生まれ 昭和50年生まれ
61歳 昭和28年生まれ 昭和27年生まれ 昭和26年生まれ

この表の年齢は、すべて数え年。数え年とは、その年の誕生日前ならば2歳、誕生日後ならば1歳足した年のことです。

<神道の葬儀>

<神前結婚式>


TOPへ戻る